薬の説明

同様の内容を書いたことがあるのですが(↓)、また書いてみました。
私がステロイド外用薬を長く塗って、効果が芳しくなかったのはなぜか? — 保湿の大切さ
アトピーが普通の治療で普通に改善するのを体験すれば、アトピーのニセ情報に惑わされることはないはずだと思います。いかがでしょうか?

私が20歳頃手首のアトピーが酷くなり、それ以前には手や足の関節部分にアトピーがあったのですがそれ以前にはもうなくなっていました。20歳以前に皮膚科医にいった記憶といえば、幼稚園くらいにあったようななかったような。小学校、中学校くらいには、近くのかかりつけの診療所でリンデロンをもらっていたと思います。かかりつけの診療所は外科医で、風邪をひいてもそこにかかりに行くような所でした。そのせいだと思いますが、ステロイド外用薬といえばリンデロン(VG軟膏)だというイメージがずっとありました。その診療所では会計の際に受付で薬をもらうよくあるシステムで、塗り薬についての説明はあったかどうかも覚えていません。まあ、皮膚が荒れれば薬を塗って、それで足りていました。

20歳になってから発症した手首のアトピーでは、皮膚科の診療所にいきました。とりたたて特別なところではなく単に近かったからです。薬をもらうのも受付でした。薬の説明は皮膚科医からあったかどうか覚えていません。皮膚科医は私が質問をすれば説明は滞りなくしてくれていまし、人当りもよさそうな人でしたから、最初に薬の説明もしてくれていたのかもしれません。

薬はワセリンとステロイド外用薬といったごく普通のものでした。最初は飲み薬もありましたが、どうもそれを飲むと眠くなるのでなしにしてもらいました。多分アレルギー薬で、眠気はその副作用だったのでしょう。痒みが酷く感じる時や、寝る前だけに飲む、といった服用方法にしていれば良かったのかもしれません。その時私は薬学部の3回生(薬学部4年生の頃)でしたが、その知識もありませんでした。薬学生ながら薬自体について興味のせいでもありますが、学校ではまだ薬理学を習ったばかりの頃で、知識はありませんでした。

薬の使い方についてですが、ワセリンは保湿のためにあるものですね。そのワセリンをどう使ってよいか分かりませんで、ステロイド外用薬を酷くなったら塗る、という使い方を随分長い間していました。いわゆるボタンのかけ違いですね。
つまり、スキンケアですね。スキンケアといっても、高い石鹸やオイルなんかを買うことではありません。
ごく普通にワセリンなんかの保湿剤を塗ることです。

塗り方はこちらですが、皮膚科の待合時間に数分くらいのビデオがあれば便利だなあと思いますが、どうでしょうか。そうすれば、アトピーのニセ情報に惑わされる恐れも減ると思うのですが。ビデオでなくても分かりやすい冊子があればと思います。もう存在しているのかもしれませんが。

 
 

banner_24 なるほど、と思って下さる方はこちらに →

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。