私がステロイド外用薬を長く塗って、効果が芳しくなかったのはなぜか? — 保湿の大切さ

表題の答えはおそらく、きちんと保湿剤も合わせて塗らなかったからでしょう。

ステロイド外用薬もそうですが、保湿剤も、振り返ってみれば使い方を十分にならったことが無いような気がします。ひょっとしてドクターは説明されていたのかもしれませんが、十分に頭に浸透しなかっただけのことも考えられます。いずれにせよ、保湿剤は重要だと思います。
というのは、今年に入り、今更ながらといってもよいかもしれませんが、私の皮膚のアトピーもしくは乾燥部分は、保湿剤を塗るだけで症状は随分と変わってきました。

保湿外用薬によるスキンケアは、アトピー性皮膚炎の治療の基本です。ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬で治療しているときも、皮膚にしっかり塗って角層の乾燥を防ぎ、バリア機能が低下しないようにしましょう。
皮膚に塗る順番は、塗りやすさを考えると最初に保湿外用薬、そのあとにステロイド外用薬またはタクロリムス外用薬にしたほうがよいでしょう。ただし、どちらを先に塗っても、薬の効果に影響することはないのでご安心ください。(p149 『アトピー性皮膚炎 正しい治療がわかる本』 古江増隆 法研)

なんでステロイド外用薬を塗っているのにいつまで経っても治らないんだ!?
と、私は思いました。そうして、ステロイド外用薬に対する不信感もかつては生まれましたが、アトピーの人は乾燥肌を持ってしまっていますので、たとえていうと枯木に火がつきやすい状態なのでしょう。

アトピーにはステロイド外用薬も大切ですが、保湿も重要だということで、私は今炎症も痒みもないのですが、寝る前に毎晩ワセリンを塗っています。

 

banner_24 なるほど、と思って下さる方はこちらに →

広告

コメント / トラックバック1件 to “私がステロイド外用薬を長く塗って、効果が芳しくなかったのはなぜか? — 保湿の大切さ”

  1. 薬の説明 « アトピーを考える  Says:

    […] 薬の説明 By takeyamaway 同様の内容を書いたことがあるのですが(↓)、また書いてみました。 私がステロイド外用薬を長く塗って、効果が芳しくなかったのはなぜか? … […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。