『丹羽療法―全国のアトピー患者が信頼するこれだけの理由 15万人の実績が証明』 丹羽 靱負(ゆきえ)

著者は、土佐清水病院の院長です。アトピー治療で有名らしいです。

■アトピーの標準療法は、簡単にいうと、ストロイド外用薬で炎症を抑え、保湿剤で皮膚を保護するですね。(最近10年くらいは、主に顔へのプロトピック軟膏もあります)

著者は、ステロイド外用薬は用いていますが、プロトピック軟膏はその副作用に疑問があると著者は考えるので用いていないとのことです。
 

■著者は活性酸素がアトピーの主原因だと主張しています。
著者は活性酸素を取り除く物質として、SOD(活性酸素を取り除く酵素)の健康食品を用いられております。

これはあくまでも私の推測ですが、こうも考えられないでしょうか? 
活性酸素はストレスがあると増大するようなので、アトピーそのもののストレスで活性酸素が増えている、とは考えられないのでしょうか?

 
■本レビュー リヨン社 (2004/07)

   
 

banner_24 なるほど、と思って下さる方はこちらに →

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。