私自身のアトピー 1

私自身は20歳くらいから手指のアトピーが酷くなり、それまでも幼少の頃から関節部分に主にあったのですけれど、生活に支障をきたすほど酷くなったのは20歳を越えてからです。時代でいえば、90年代半ば近く位いの時です。

酷くなれば普通に皮膚科に行っていました。それで症状が悪化するときもありましたが、そこそこ抑えていました。主に寝る前にステロイドをつけて寝ていました。それ以外に何かやっていたかというと、記憶がおぼろげで覚えていません。普通の町の皮膚科医院からもらった薬は、ステロイドと保湿剤(たぶんワセリン)だったと思います。

今振り返れば、薬の使い方をもう少しきちんと学習していれば、改善の余地があったと思います。当時の薬の使い方は詳細に覚えていないので、推測で書いていますが。きちんと薬の塗り方を教えてくれる、そんな本や人がいれば、と思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。